脇脱毛をするデメリットとは?メリットだけでは無いの?

脇脱毛は女性にとってはエチケットというところまで来ています。
ですので全く脇脱毛をしないというわけにはいかないのです。
しかし脇脱毛にはデメリットがあるということを知っておかなければいけません。
まずカミソリを使った脱毛ですが、皮膚を傷めてしまうリスクがあります。
これで炎症を起こしてしまったり細菌に感染してしまうことも少なくないのです。
また毛抜きを使った脇脱毛の場合でも痛みを感じるなどのデメリットもあります。実際に毛抜きによる脱毛は痛みのせいで最後までできないという方が多いのです。
更に耐えられたとしても一本ずつしなければいけませんので時間がかかってしまいます。
あとクリニックやエステなどでは永久脱毛が可能ですが、こちらはお金がかかります。
自宅で処理をするよりも安全性が高いのですが医療脱毛ともなりますとかなりの金額になるのです。
またエステサロンの場合ですと熟練した方にしてもらわなければ火傷などのトラブルにあってしまうこともあります。
それならしないほうがいいのではと思うかもしれませんが、脇の脱毛に成功すればノースリーブでも着用できるようになりますし水着にもなれます。
好きなファッションを楽しめるのでトータルするとメリットが多いのです。

少しでもデメリットを少なくするためにはそれぞれの脱毛方法のリスクを知っておくようにしてください。
知っておけばリスクに対する対策ができますし何かと安心です。
デメリットは努力により少なくできます。

 

脇脱毛!:病院で永久脱毛をするデメリット

病院を利用して脇脱毛をされる方は数多くいらっしゃいますが、メリットやデメリットがありますので把握しておくと良いでしょう。
まず、病院で脇脱毛を行うメリットとして、永久脱毛が受けられるという点が挙げられます。

脇脱毛を行う際にはエステサロンなどを利用する事もあるものですが、エステサロンの場合ですと基本的には永久脱毛を受けられませんので、脱毛効果を重視されている方にとっては物足りないという事もあるものです。

その点、病院の場合は効果の高い永久脱毛を受ける事ができますし、理想的な綺麗な肌状態を手に入れる事ができます。
それが一番のメリットですが、反対に病院で脇脱毛を行うデメリットもあります。
まず、エステサロンと比べると費用が高いという点が挙げられます。

エステサロンによっては数百円位から両脇の脱毛を行ってくれる事もありますが、病院の場合は一回の施術で数万円もの費用が掛かる事が殆どです。
病院の場合は脱毛効果が高いという魅力がありますが、それにしても大きな負担になるのは辛いものです。

他にもお肌への負担が大きいというデメリットもあります。

施術の際にはレーザーを用いる事が殆どですが、レーザーというのは非常に出力が高く、そして刺激も強い施術方法となっています。
もちろん施術の際には出力を調整したり、肌状態をチェックしてから行いますのでそれほど心配する事はありません。
ただ、お肌の状態は人それぞれですので、中には肌荒れなどのトラブルに悩まされている方も存在するのです。

脇脱毛!:病院で永久脱毛をするのにかかる費用

脇脱毛にカミソリを使用した自己処理をされていると、ムダ毛は剃っても剃ってもまたすぐに生えてきます。
何度もカミソリで剃っていると肌荒れしたり、色素沈着を起こしてしまう事があります。
何度も自己処理するのは面倒なものですが、永久脱毛すればそんな手間が掛からなくなります。

永久脱毛が期待できるのは病院の医療レーザー脱毛です。
医療行為が出来る病院でしか使用が認められていない、医療用レーザーを照射してムダ毛の毛根を焼いて脱毛しています。
焼かれた毛根は再生出来なくなり、生えてこないようになります。

医療用レーザーは高出力で効果が高いだけ、痛みが強いですが病院ですので麻酔をかけることが可能です。
お肌が火傷しても医師からすぐに適切な治療が受けられます。

エステは医療行為が出来ないので麻酔を使用することは出来ず、医師からの治療も受けられません。
エステの光脱毛は出力が弱められているので永久脱毛は行えません。
脇脱毛は成長期・退行期・休止期を繰り返す毛周期に合わせて施術を行います。

病院の医療レーザー脱毛では個人差がありますが、きれいに処理するには6回ほどの回数が必要です。
医療用レーザーによる脇脱毛の費用は病院によってもまちまちですが、およそ6回で30000円から40000円ほどです。
期間や回数無制限の脇脱毛コースをご用意する病院もあります。
ムダ毛の濃い方で回数増加による費用負担増を気にしないで施術を受けたい場合に最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です